当ブログは「IVFサポートセンター公式ブログ(blog.ivf-support.me)」に名称・ドメイン変更しました。今後とも、よろしくお願いいたします。

日本の常識は世界の非常識「過剰なダイエットが妊娠に影響を与えている?」

日本では、外国から見ると不健康に見えてしまうほどのスリムな身体が「美」とされる傾向が強く、また同性や異性の目線を気にしすぎて拒食症になってしまう方もいるほどです。

その為、日本人から見た「健康」で「スリム」な身体は、医学的に見ると「不健康」で「栄養不足」の状態である可能性が高くなります。

もちろん、その様な状態では子供を授かる可能性も低くなることに気付くでしょう。

この記事によると、魚介類、卵類、きのこ類などに含まれるビタミンDが不足すると着床しにくくなり、胎盤の形成が不十分になるそうです。

また、同様に、レバーのほか、枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草、ブロッコリーといった緑黄色野菜、いちごなどに含まれる葉酸が不足すると、胎児に神経管閉鎖障害がおこり、二分脊椎などの先天異常が起こる可能性が高まるそうです。

子供を授かる可能性を高くするため、医学的に健康な体重を維持し、栄養バランスの取れた食生活を意識しましょう。

Print Friendly, PDF & Email

あなたのフォローをお願いします!

PAGE TOP