オンライン相談なら安心です。予約受付中です。

早産予防のための子宮頸管ペッサリーとは?

妊娠20週目以降の妊婦において、子宮頸管の長さが短いなど早産のリスクが高いと医師が判断した場合に、子宮頸管ペッサリーと呼ばれる器具を装着する場合があります。

2012年にスペインで確認された症例では、子宮頸管ペッサリーを装着した場合に早産率を有意に低下(妊娠周期に応じて6〜27%低下)させることが確認されています。

子宮頸管ペッサリーについては賛否両論あるようですが、日本国内でも2017年頃から臨床研究が行われており、有用性が期待されているようです。

不妊治療や代理出産では聞き慣れない専門用語が頻繁に現れますので、常に知識のアップデートをお願いいたします。

Print Friendly, PDF & Email

あなたのフォローをお願いします!

PAGE TOP